大阪・関西で永住申請の代行はお任せを!運営:かしもと行政書士事務所

  • 06-6809-2540
    お電話は平日10時-17時、メールは24時間対応
  • Contact Us

永住ビザは自力で取る?行政書士に依頼?

日本の永住権の取得はとても難しく、年々許可率は下がっています。
2015年度の許可率は約71%だったものが、2016年度は約68%、2017年度に至っては約57%しかありません。

5人に2人以上は不許可になる確率の永住許可申請、自力で申請して大丈夫?

永住ビザ(在留資格:永住者)とは

永住ビザ(在留資格:永住者)とは

永住ビザ(在留資格:永住者)は日本での永住権を持つことができるビザで、入国管理局に永住許可申請をします。そして、「法務大臣が永住を認める者」のみが取得できます。

 永住ビザは日本に住む外国人の方にとっては非常に大きなメリットを持つ在留資格です。就労制限が無くなる、ビザの更新が不要など非常に大きな恩恵がありますが、一方で永住許可申請は外国人の日本在留についての最終審査という一面もあるため、永住許可は簡単には下りないという状況もあります(2017年度で不許可の方は約43%)。

 永住ビザの許可条件についても触れておきますね。永住ビザの許可条件の1つに日本在留期間があります。通常は日本在住歴が10年以上必要ですが、「日本人と結婚して3年・日本在住歴1年」「高度人材外国人は日本在住歴1年または3年」など、永住ビザ獲得できる日本在住歴は緩和する施策もあります。

 許可条件は他にも素行善良要件や独立生計要件、国益要件があります。犯罪が無いこと、納税に問題が無いこと、生計が十分であること、在留期間が3年以上でことなど、様々な条件をクリアしなくてはなりません。

永住ビザのメリット

永住ビザには大きく5つのメリットがあります。

①ビザの更新が不要
②就労の自由(就労制限の撤廃)
③住宅ローンや銀行の融資が受けやすくなる
④離婚してもビザの心配なし(配偶者ビザだと...)
⑤配偶者や子供を有利なビザへ変更可能

永住ビザの条件

永住ビザは他のビザよりも審査は厳しいです。

◆交通違反歴、犯罪歴の有無、納税状況で判断
◆収入や資産、稼ぐ能力があること
◆お持ちのビザの在留期間が「3年」
◆引き続き10年以上日本に住んでいること

永住ビザの条件の緩和

通常は日本在住歴10年以上が必要なところ、下記に当てはまる方は10年未満でも永住が可能です!

◆配偶者ビザ(日本人の配偶者、永住者の配偶者、特別永住者の配偶者)の方
 →結婚3年経過
 →日本滞在期間:引き続き1年以上
◆「子」として配偶者ビザ(日本人の配偶者、永住者の配偶者、特別永住者の配偶者)を持っている方
 →日本滞在期間:引き続き1年
◆定住者ビザ・難民ビザ所持者、日本への貢献があると認められた方
 →日本滞在期間:引き続き5年以上
◆高度人材外国人
 →引き続き1年または3年(高度人材ポイントによる)

永住ビザの取得は弊所へご依頼ください!

VisaConサービスを運営する行政書士の柏本と申します。

永住ビザの許可率は悪くなる一方で、2017年度では50%台にまで落ちています。

永住ビザの許可率が低い理由は永住権の許可要件が難解で、また要件を満たしていることの証明が難しいからだと思います。
本来永住権を獲得できた方が残念ながら不許可となってしまっているのではないでしょうか。

もし宜しければ、わたくし共にお客様の永住権の獲得をお手伝いさせていただけませんでしょうか?

永住ビザの要件を満たしているかを確認はもちろん、不利な状況であれば対応策を講じるなど、総合的にコンサルティングもさせていただきます。
費用は必要になりますが、お客様の労力・時間の削減はもちろん、不安も取り除かせていただきます。

末永く日本で過ごすための助力となることができれば幸いです。

お客様の人生のお手伝いをさせてください!

外国人の方にとってビザは人生を大きく左右するものです。永住権はビザのゴール。
末永く日本で過ごせるためのお役立てをさせてください。
お客様に寄り添い、誠実に、親身になってお手伝いをさせていただきます。

ご面談予約

一度、永住ビザ専門家の行政書士にご相談しませんか?
相談料無料!お気軽にご連絡ください。

永住ビザの料金一覧

日本の永住権獲得には永住許可申請が必要です。
申請してから結果が出るまで半年前後かかりますので、慎重に申請を進める必要があります。
万が一不許可になりましたら全額ご返金させていただく保証制度あり!安心してお任せください。

※交通違反、犯罪、税金の未納、過去に不許可がある等に応じて個別にお見積もりをさせていただきます。
※別途、印紙代8,000円/人、翻訳費用(必要な方のみ)が必要です。

永住ビザ申請代行
100,000円(税別)~
ご依頼後にお客様自身でしか準備できない必要書類をご案内致します。後は全てお任せください。公的書類の収集や申請書類・状況に応じた理由書等の作成、入国管理局への申請は弊所が対応致します。
ご家族同時のご依頼
25,000円(税別)~
配偶者やお子様(実子)も同時に永住ビザを取りませんか?結婚後3年、日本在住1年以上で永住権獲得が可能です!
※在留期間が「3年」以上必要です。
ご家族同時のご依頼(15歳未満)
無料
15歳未満のお子様を同時にご依頼の場合は無料!何人いらっしゃっても無料でさせていただきます。
永住ビザの料金詳細はこちら

お電話によるお問い合わせ

06-6809-2540
平日10時-17時(土日・祝日除く)

メールによるお問合せ

24時間受付。翌営業日中にご返信を心がけております。
メールお問合せ

最新記事

永住ビザのご依頼に関するQ&A

依頼の流れを教えてください。
まずはご面談をさせていただきます。その際に許可見込みを判断し、お客様に収集をお願いする書類リストをお渡しします。並行して弊所で収集可能な書類を集め、申請書や理由書を作成、入国管理局へ申請をします。追加書類も弊所が対応致します。
許可となりましたら弊所が在留カードを受取り、お客様へお渡しをします(フルサポートプランの場合)。
依頼すればすべてお任せでいいの?
いいえ。お客様自身が集めなければならない書類もありますし、弊所から申請に必要な情報提供をお客様に求めることもあります。許可率を少しでも高めるためにはお客様のご協力が不可欠です。
返金保証はどこまで保証してくれるの?
お客様が弊所にお支払いいただいた全額です。申請のために弊所が負担した書類収集・作成費用や申請手数料など一切の費用についてはお客様に請求することはありません。
返金保証が受けられない場合は?
不利益な事実をお伝えいただいていない場合や弊所や入国管理局の指示に協力いただけない場合、ご依頼後に許可要件を満たさなくなった場合(犯罪を犯してしまったり収入が著しく下がったりなど)などは保証対象外となります。また、不許可となる可能性が高いと判断したものやお申込みプランによっては返金保証を付けることができません。
営業時間外にご相談に伺いたいのですが?
弊所の営業時間は平日10時-17時ですが、時間外・土日祝日についても対応可能です。営業時間外にご面談をご希望の場合はメールorお電話にてご相談ください。可能な限りご対応致します。
中国語、韓国語、英語など外国語で会話可能ですか?
申し訳ございませんが日本語のみの対応とさせていただきております。
書類の翻訳はお願いできますか?
韓国語は1ページ2,000円(税別)、その他言語は1ページ3,000円(税別)~で受け賜ります。
相談をしたら必ず依頼しないとダメですか?
いいえ。お客様自身が「依頼する価値がある」とご判断した場合のみで結構です。
身元保証人は用意してくれるの?
申し訳ございませんがご自身で身元保証人をお探しください。配偶者や親族、会社の上司や同僚、知人がなられるケースが多いです。
また、連帯保証人とは異なり、身元保証人は法的・金銭的な責任は負いません。

※永住ビザの身元保証人は日本人又は永住者(特別永住者を含む)がなることができます。
自分で申請・他社に依頼して不許可になったのですが。
入国管理局に不許可理由の確認が必要です。できればその前に申請書類一式を持って弊所にご相談ください。不許可理由の確認からお手伝いさせていただきます。

事務所アクセス

住所:大阪府大阪市中央区本町橋2-23 第7松屋ビル3F 堺筋本町駅より徒歩7分です。