前科があったり交通違反が多いと永住ビザが取れないと聞いたことがあると思います。

これはほぼ正解です。永住権は善良な市民にしか与えられないルールです。

ただし、それでも一部の方は永住権獲得の可能性はあります。過去を反省した外国人の方にはチャンスがあります!

◆永住許可に関するガイドライン◆

素行が善良であること
→法律を遵守し日常生活においても住民として社会的に非難されることのない生活を営んでいること。

その者の永住が日本国の利益に合すると認められること
→罰金刑や懲役刑などを受けていないこと。

◆素行善良要件の概要◆

  • 法律違反者は素行が悪い
  • 交通違反は軽微なものを数回なら永住許可の可能性あり
  • 犯罪後、一定期間経過すれば永住許可の可能性あり

素行善良要件とは?

「素行」とは「日常の行い」ということです。「日常の行いが良い」→「悪いことをしていない」ことが永住ビザの要件になっているんです。そして、悪いことと言えば犯罪ですよね。交通違反もそうです。実際に有罪判決や刑罰・罰金が無くとも法律に違反することは悪いことです。

悪いことの程度によってはすぐに永住許可申請することが可能ですし、反対に全く不可能なケースもあります。いくつかケースを挙げてみますね。

  • 1点の交通違反など軽微なものが1回だけであれば永住が許可される可能性は十分あります。
  • 軽微な交通違反が頻繁にある場合は、永住は許可されない可能性が高いです。
  • 禁固刑や懲役刑、罰金を受けた場合は一定の条件を満たさない限り永住は許可されません。
  • 刑罰を受けなくても、逮捕歴が複数回あると永住が許可される可能性は低いです。
  • 資格外活動の就労時間違反があると永住が許可される可能性は低いです。

軽微な交通違反がある場合

  • 1点の交通違反など軽微なものが1回だけであれば永住が許可される可能性は十分あります。
  • 軽微な交通違反が頻繁にある場合は、永住は許可されない可能性が高いです。

まず1つ目、2つ目について。
永住ビザは総合的に審査されますので、反則金で済む程度の交通違反であれば許可される余地は十分あります。ただし頻繁に交通違反がある場合は不許可の可能性が高いです。

罰金、禁固刑、懲役刑がある場合

  • 禁固刑や懲役刑、罰金を受けた場合は一定の条件を満たさない限り永住は許可されません。

次に3つ目について。
「永住許可に関するガイドライン」には「罰金刑や懲役刑などを受けていないこと」とあります。つまり、罰金、禁固刑、懲役刑を受けていると永住ビザは許可されません。この罰金、交通違反も含まれますのでご注意ください。飲酒運転、スピード違反(一般道30km/h、高速道路40km/h以上)、無免許運転などは罰金刑です。

逮捕歴がある場合

  • 刑罰を受けなくても、逮捕歴が複数回あると永住が許可される可能性は低いです。

次に4つ目について。
刑罰って裁判を経て有罪判決となって初めて受けるものです(交通違反の罰金は例外)。そのため、捕まっただけだと大丈夫と考える方もいらっしゃいますが、逮捕歴は警察に残ります。この逮捕歴は「前歴」と呼ばれるのですが、これが何回もあるとアウト。万引きは逮捕されても釈放というケースが多いですが前歴はついています。万引きで複数回捕まっている場合は永住許可されない可能性が高いです。

資格外活動違反がある場合

  • 資格外活動の就労時間違反があると永住が許可される可能性は低いです。

最後に5つ目。
永住権は外国人の方に対する最大の規制緩和ですので、他の法律以上に外国人を法管理する入管法の遵守が求められています。例えば、家族滞在ビザの方は資格外活動許可を得てアルバイトしているケースもありますが、この場合は就労時間制限(週28時間の労働時間の制限)を守っているかも非常に重要になります。

過去に禁固刑・懲役刑・罰金があった場合は?時を待つ。

禁固刑・懲役刑・罰金があったということは、厳しい言い方になりますが「前科持ち」ということです。

前科持ちは永住ビザを取れないという話もありますが、実際はそんなことはありません。一定の年数が経過すれば永住ビザ取得できる可能性が生まれます。

  • 懲役・禁錮:10年経過
  • 執行猶予:5年経過
  • 罰金:5年経過

実刑を受けた10年後、執行猶予期間・罰金刑5年後以降であれば永住ビザの審査の土俵に上がることが可能です。

非行少年・少女について

子供も含めて永住許可を試みる方も多いですが、お子様が非行少年・少女の場合は注意してください。

少年法による保護処分中のお子様は永住ビザは許可されません。

まとめ

法律の遵守に対する姿勢は国民性が出ますね。また、日本の法律を知らないことも不法行為の原因です。しょうがない部分はあると思います。

ただし、永住ビザを獲得するためには避けては通れない道です。

違法・違反があった方は同じ過ちを二度と起こさないように!法律をしっかり守って永住ビザ獲得を目指しましょう!